プロフィール

Epic's Garden

Author:Epic's Garden
初心者による、初心者のための解説ブログ。
現在、アプリ公開中!
サークル「Epic's Garden」として活動してます。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

アクセスカウンター

ブログランキング

にほんブログ村 IT技術ブログへ

twitter

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アプリ・ゲーム開発らぼ(旧Androidアプリ開発らぼ)
様々なプラットフォーム向けのアプリ開発らぼです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公開しました。
3月も最終日です。
桜も良い感じですね。
sakura00.jpg

続きを読む
スポンサーサイト
プレイする怖い話
プレイする怖い話
member.jpg

※注意
この作品には暴力的な表現やグロテスクな表現が含まれています、苦手な方はプレイを控えて下さい。
この作品には広告はつけません、今後も付ける予定はありません。


突然降り出した雨。
あなたは行きつけのバーで雨宿りをする。
あなた以外に客の姿は無く、マスターの暇つぶしに付きあう事に...。


シナリオは全6話。各シナリオごとに、選択肢によって変化する複数のエンディングがあります。
最初から選択出来る話は3話、最後に見た話によって4話目に新しいシナリオが現れます。
セーブは各シナリオの終わりに出来るようになっています。

Android版のダウンロードはこちら
iPhone,iPad版のダウンロードはこちら

ご意見、ご要望などがありましたらコメントまたはメールにてご連絡下さい。

AlertDialogにボタンを設置する
今回はアラートダイアログにボタンを設置する方法について説明します。

続きを読む
春咲き
早いもので、3月も終わりますね。
いつの間にか公園の桜が満開になってました。
自分は夜桜が好きなんですが、残念ながら携帯のカメラではうまく撮影出来ませんでした。

続きを読む
AlertDialogの表示
今回はアラートダイアログというものを表示させる方法を解説します。
ダイアログとはActivity上に表示させることのできる小さなウィンドウのことです。

続きを読む
IntentによるActivity間でのデータの受け渡し
今回はIntentを使ってデータを受け渡す方法について解説します。

続きを読む
エナジードリンク
好きな飲み物は沢山ありますが、ここ最近ハマッているのが

モンスターエナジーです。

続きを読む
WebページへのIntent
今回はアプリからwebページへの移動方法について説明します。

続きを読む
Activity間でのIntent
Intentとは、あるactivityから他のactivityに移動することをいいます。
Intentの説明をする前に準備として、新規javaファイルとxmlファイルの作成方法について書いていきます。

続きを読む
またしても
2つ目のアプリ公開です。

続きを読む
NGカードデュエル
NGカードデュエル

このアプリでは、「遊戯王の日」という日に公認店での大会で実施された「NGカードデュエル」を再現することができます。
「NGカードデュエル」とは、デュエル開始前にお互いのプレイヤーが相手のNGカードを相手に3枚設定し、その設定したNGカードを相手が使用してしまったら、そのカードの発動や召喚などを無効にし、全3種のNG効果(自分はデッキからカードを2枚ドローする、など)の内1つがランダムに発動されるというデュエル形式です。
このアプリ内では、お互いのプレイヤーがNGカードを3枚まで自由に設定したり、NG効果を公式の3種を含め10種類まで設定したりすることができます。

・基本操作
タイトル画面で「デュエル開始」を押すとプレイヤー1、プレイヤー2の順でNGカードを3枚まで設定できる画面が表示されるので、お互い相手に分からないようにNGカードを設定します。
デュエル中に相手がNGカード使用したら自分が設定したNGカードをタップしてください。確認画面が表示されるので、正しいカードであれば「yes」をタップしてください。
ランダムにNG効果が発動されます。
そのNG効果を実行し終わったら、画面右下にある「NG効果実行完了」というボタンを押して下さい。そうすると画面がNG効果を発動する前の状態に戻ります。
タイトル画面の「NG効果設定」を押すと、10種類のNG効果を自由に設定できる画面に行きます。

一度無効にしたNGカードは二度目以降は無効化しないなどの細かい設定は各自で決めて遊んでください。

ダウンロードはこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.yumenomaterial.ngkardduel&feature=nav_result#?t=W251bGwsMSwyLDNd


ご意見、ご要望などがありましたらコメントまたはメールにてご連絡下さい。

よつば&!
家の近くに文教堂がありまして
よくそこで本を買います。
昨日、黄砂が過ぎ去ったのを見計らい、よつばとを求めて文教堂へ行きました。

続きを読む
Buttonの作成4
Buttonの作成2、3で作成したプロジェクトを使用して、ボタンを押している時にボタンの文字の色を変える方法について解説します。

続きを読む
Buttonの作成3
今回はボタンの色を変える方法とLayoutの組み合わせについて解説していきます。

続きを読む
頭蓋ランタン
昔からガチャガチャが大好きでした。
今でも設置されているのを見かけると、面白そうなものが無いか確認しちゃいます。
100円で子供の頃の気持ちを買えるなんて、素晴らしい事だと思うのです。

続きを読む
初アプリ
2月中にアプリを公開すると言っておきながら、3月3日のひな祭りです。
ノベルゲームを公開すると言っておきながら、思いつきで作った遊戯王関係のアプリです。

続きを読む
コマンドデュエル
コマンドデュエル

このアプリでは、「遊戯王の日」という日に公認店での大会で実施された「コマンドデュエル」を再現することができます。
「コマンドデュエル」とは、2分毎に全30種のコマンド(お互いに自分のデッキから好きなカードを1枚選び、相手に見せてから手札に加える、など)からランダムで一つが発動され、プレイヤーはそのコマンドに従わなければならないというデュエル形式です。
このアプリ内では、コマンドの発動間隔を10秒から5分まで調整したり、全50コマンドの内25種類を自由に作成したりできます。

・基本操作
タイトル画面で「デュエル開始」を押すとタイム計測が始まり、設定した時間が経過すると音が鳴りコマンドが発動されます。
そのコマンドを実行し終わったら、下の方にある「コマンド実行完了」というボタンを押して下さい。そうするとまたタイム計測が始まります。
デュエルが終了したら右下の「デュエル終了」ボタンを押してください。タイム計測が終了し画面に「デュエル終了!」と出てきます。
その後右下のボタンが「デュエル再開」と変わっているので、それを押せば再びコマンドデュエルが開始されます。
コマンドデュエル中にホームボタンなどでアプリがバックグラウンドに移されてもタイム計測は続行され、設定した時間が経過した時には音が鳴ります。

ダウンロードはこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.yumenomaterial.komadue&feature=search_result#?t=W251bGwsMSwyLDEsImNvbS55dW1lbm9tYXRlcmlhbC5rb21hZHVlIl0.


ご要望がありましたので、公式のコマンドのリストをこちらに載せます。

1.お互いに自分のデッキから好きなカードを1枚選び、相手に見せてから手札に加える。
2.お互いに自分のデッキから好きなカードを1枚選び、墓地に送る。
3.お互いに自分のデッキの一番上のカードをめくり、確認する。モンスターの場合、手札に加える。それ以外の場合、元に戻す。
4.お互いに相手の手札をランダムに1枚捨てる。その後、1枚ドローする。
5.お互いに自分の墓地の一番上にあるカードを手札に加える。
6.お互いに手札のカードを一枚選んで、デッキの一番下に置く。その後2枚ドローする。
7.お互いに自分のデッキから罠カードを1枚選び、相手に見せてからセットすることができる。
8.お互いのフィールド上にセットカードがある場合、お互いに相手フィールド上にセットされたカードを1枚選んで破壊する。
9.お互いに手札のカードを1枚捨てて、墓地のカードを1枚手札に加える。
10.お互いに手札のカードを全てデッキに戻す。その後デッキをシャッフルし、戻した枚数分ドローする。
11.対戦相手とジャンケンを行う。ジャンケンに勝ったプレイヤーは2000ライフポイント回復する。
12.対戦相手とジャンケンを行う。ジャンケンに勝ったプレイヤーは自分の墓地からモンスターを1体選択して特殊召喚する。
13.対戦相手とジャンケンを行う。ジャンケンに勝ったプレイヤーは1枚ドローする。
14.全てのモンスターを裏側守備表示にする。このターン、そのモンスターは表示形式を変更できない。
15.今、相手よりライフポイントが少ないプレイヤーは2000ライフポイント回復する。
16.今、フィールド上に存在する表側表示の炎属性と水属性モンスターはこのターンの終了時まで元々の攻撃力が倍になる。
17.今、フィールド上に存在する表側表示の水属性と地属性モンスターはこのターンの終了時まで、攻撃力と守備力が入れ替わる。
18.今、フィールド上に存在する表側表示の炎属性と風属性モンスターはこのターンの終了時まで、2回攻撃できる。
19.今、フィールド上に存在する表側表示の地属性と風属性モンスターはこのターン終了時まで破壊されない。
20.今、フィールド上に存在する表側表示の光属性と闇属性モンスターはこのターン終了時まで効果を発動できない。
21.今、フィールド上に存在する表側表示のモンスターはこのターン終了時まで攻撃力が0になる。
22.今、フィールド上に存在するエクシーズモンスターのエクシーズ素材をすべて取り除く。
23.今、フィールド上に存在する表側表示のレベル4モンスターを全て手札に戻す。
24.ベルトをしているプレイヤーは、今フィールド上に存在する自分のモンスター全てのレベルを1~12の間で自由に変更できる。
25.メガネをかけているプレイヤーは800ライフポイント回復する。

26~50は自由コマンドになってます。


ご意見、ご要望などがありましたらコメントまたはメールにてご連絡下さい。

Preferenceの使い方
今回はPreferenceを使用しデータの保存、削除、復元を行う方法を解説します。
新しいプロジェクトを作成し、以下のように変更してください。

MainActivity.java


package com.yumenomaterial.preference;

import android.app.Activity;
import android.content.SharedPreferences;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.view.View.OnClickListener;
import android.widget.Button;
import android.widget.EditText;

public class MainActivity extends Activity implements OnClickListener{
    private EditText et;
    private Button btn1;
    private Button btn2;
    private Button btn3;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

            et=(EditText)findViewById(R.id.et);//・・・【a】
            btn1 = (Button)findViewById(R.id.b1);
            btn1.setOnClickListener(this);
            btn2 = (Button)findViewById(R.id.b2);
            btn2.setOnClickListener(this);
            btn3 = (Button)findViewById(R.id.b3);
            btn3.setOnClickListener(this);

    }

    public void onClick(View v){
        if(v == btn1){
            SharedPreferences prefer = getSharedPreferences("Preference", MODE_PRIVATE);//・・・【1】
            SharedPreferences.Editor editor = prefer.edit();//・・・【2】
            editor.putString("settings1", et.getText().toString());//・・・【3】
            editor.commit();//・・・【4】
        }else if(v == btn2){
            SharedPreferences prefer = getSharedPreferences("Preference", MODE_PRIVATE);
            et.setText(prefer.getString("settings1",""));//・・・【5】
        }else if(v == btn3){
            SharedPreferences prefer = getSharedPreferences("Preference", MODE_PRIVATE);
            SharedPreferences.Editor editor = prefer.edit();
            editor.remove("settings1");//・・・【6】
            editor.commit();
        }
    }
}


activity_main.xml


<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical"
    tools:context=".MainActivity" >

    <EditText
        android:id="@+id/et"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="" />

    <Button
        android:id="@+id/b1"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="@string/btn1" />

    <Button
        android:id="@+id/b2"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="@string/btn2" />

    <Button
        android:id="@+id/b3"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="@string/btn3" />

</LinearLayout>


strings.xml


<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>

    <string name="app_name">Preference</string>
    <string name="btn1">保存</string>
    <string name="btn2">復元</string>
    <string name="btn3">消去</string>
    <string name="menu_settings">Settings</string>

</resources>


Preferenceを利用するためには、まず【1】のようにgetSharedPreferences(~,~)で SharedPreferences ○○(ここでは○○はprefer)を取得する必要があります。
そしてデータの保存か削除を行いたい場合は、【2】のように SharedPreferences.Editor ○○(ここではeditor)を取得します。
その後、データを保存したい場合は【3】のeditor.putString("保存する場所の名前(ここではsettings1)","保存したいデータ(【3】ではet.getText().toString()で、これはet(【a】)に書かれている文字を受け取り、データとして保存できるようにするためString形式に変換しています。)" )を書き、データを削除したい場合は【6】のeditor.remove("データが保存された場所(ここではsettings1)")を書いてください。
最後に【4】のeditor.commit()でデータの保存か削除が実行されます。
次に保存したデータを受け取りたい場合は、【5】のprefer.getString("データが保存された場所(ここではsettings1)","データが何も保存されていない場合に呼び出されるもの(ここでは""で、データがない時は何も表示しないようにしています)")のようにしてください。

preference01.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。