FC2ブログ
プロフィール

Epic's Garden

Author:Epic's Garden
初心者による、初心者のための解説ブログ。
現在、アプリ公開中!
サークル「Epic's Garden」として活動してます。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

アクセスカウンター

ブログランキング

にほんブログ村 IT技術ブログへ

twitter

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アプリ・ゲーム開発らぼ(旧Androidアプリ開発らぼ)
様々なプラットフォーム向けのアプリ開発らぼです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Buttonの作成1
今回はButtonを設置する方法を解説していきます。

まずはstringsを開き、resourcesで囲まれた中に

<string name="hello_world">こんにちは!</string>
<string name="btn1">ボタン1</string>

があるように変更を加えてください。
次に以下のようにactivity_mainとMainActivityを変更してください。(MainActivityはpackage名を自分が作成したものにしてください。)

activity_main.xml


<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
      xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
      android:layout_width="match_parent"
      android:layout_height="match_parent"
      android:orientation="vertical"
      tools:context=".MainActivity" >

      <TextView
            android:id="@+id/tv1"
            android:layout_width="wrap_content"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:text="@string/hello_world" />

      <Button
            android:id="@+id/b1"
            android:layout_width="wrap_content"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:text="@string/btn1" />

</LinearLayout>


MainActivity.java


package com.yumenomaterial.helloworld;

import android.os.Bundle;
import android.app.Activity;
import android.view.View;
import android.view.View.OnClickListener;
import android.widget.Button;
import android.widget.TextView;

public class MainActivity extends Activity {

      @Override
      protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
            super.onCreate(savedInstanceState);
            setContentView(R.layout.activity_main);

            Button btn1 = (Button)findViewById(R.id.b1);                        //・・・【1】

            btn1.setOnClickListener(new OnClickListener() {                   //・・・【2】
                public void onClick(View v){
                    TextView text1=(TextView)findViewById(R.id.tv1);
                     text1.setText("ボタンが押されました");                       //・・・【3】
                }
            });
      }
}



【1】ではRのid:b1のもの(android:id="@+id/b1")をこのActivity内でbtn1としています。
【2】以下にはbtn1が押された時に実行されることが書かれています。
【3】ではtext1で表示する文字を「ボタンが押されました」に変えるようになっています。
このアプリは起動時には「こんにちは!」の下に「ボタン1」というButtonがあり、「ボタン1」を押すと「こんにちは!」が「ボタンが押されました」に変わるようになっています。
button01.jpg

button02.jpg
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yumenomaterial.blog.fc2.com/tb.php/21-448a556b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。